NEW
■ 2007年10月〜12月テレビドラマ一覧
■ 2007年7〜9月テレビドラマ一覧

■ 2007年4〜6月テレビドラマ一覧
■ 2007年1〜3月テレビドラマ一覧

山おんな壁おんな 第3話

山おんな壁おんな 

第3話
・アリとキリギリス

あらすじ
・ 青柳恵美(伊東美咲)が勤める丸越デパートで、夏の販売強化月間が始まった。各売り場の売り上げトップには社長賞、さらに売上高の上位4位までは豪華温泉旅行が贈られるという田村剛彦部長(谷原章介)の話を聞いて、販売員たちは大張り切り。毬谷まりえ(深田恭子)も、恵美と温泉旅行がしたいと喜ぶ。大山遥(小池栄子)は、絶対にトップを獲ると、恵美へのライバル心をあらわにするのだが…。
 恵美は、先日の合コンで知り合った上野原(山中聡)からデートに誘われ浮かれ気味。まりえや上野原の友人も一緒のWデート、しかも場所が苦手の海でも、恵美の期待は高まるばかり。早速、恵美はまりえに誘われ水着売り場へ。恵美は、店員に勧められるまま、また父の話から自分のラッキーカラー、ピンクのビキニを買った。
 その頃、大山は部下の長島真澄(河本麻希)、桑田亮子(松岡佳音)を叱咤しながら、バッグの売り上げ増に励んでいた。
 約束のデートの日はあいにくの大雨。水着を着なくても済むという安堵感の中にも、残念さがぬぐいきれない恵美。そんな恵美が、原田優子(鈴木砂羽)のダイニングカフェに行くと、井口昌平(西島秀俊)が来た。恵美は、容赦なく壁壁と口にする井口に辟易。そこに、父からの電話。父が恵美に薦めたピンクの豚を置く方角が違っていたと言われる。
 マンションに帰った恵美が、父に言われた通りに豚の位置を変えた途端、上野原から「大切な話がある」と電話が入る。Wデートではなく、直接話したいと上野原。恵美はドキドキしながら待ち合わせ場所へ。真剣な表情の上野原に、恵美の期待はますます高まる。だが、上野原は自分の気持ちをまりえに伝えて欲しいと恵美に頼む。
 がっかりの恵美は、まりえに上野原の想いを伝えた。すると、まりえは上野原のような男はいやだと拒む。
 さて、売り上げ競争も追い込みに入り、それぞれが加熱し始めた。吉野加奈子(上原美佐)は、政治家の娘という立場を利用して、大量の義理買いをゲット。大山も、あるかなしかの伝手を使って、自社製品を人気モデルに売った。モデルが自身のブログでバッグを紹介したため、若い女性客が殺到する。
 そんな昼休み、恵美とまりえは加奈子や大山の商品の売り方を巡って同意。2人の話を聞いていた奥園五右衛門社長(若林豪)は、どんな買い方も客の自由だと諭す。それでも、恵美とまりえのバッグに対する情熱はほめた。
 売り上げ成績優秀者が発表された。1位は大山、2位に恵美、3位はまりえで4位が加奈子という結果になった。恵美は、プライベートで浮かれていたことで、大山にトップを明け渡したことを反省。だが、まりえは恵美と温泉に行けると大喜びで…。
(公式サイトより)

放送日
・ 2007年7月19日

視聴率
・ 12.1%

山おんな壁おんなトップへ

ランキング参加中
banner2.gif

ブログランキング



posted by まる at 00:40 | 山おんな壁おんな
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。