NEW
■ 2007年10月〜12月テレビドラマ一覧
■ 2007年7〜9月テレビドラマ一覧

■ 2007年4〜6月テレビドラマ一覧
■ 2007年1〜3月テレビドラマ一覧

暴れん坊ママ 第1話

暴れん坊ママ 

第1話
・なんで私がママなのよっ!!

あらすじ
・ 川野あゆ(上戸彩)は、12歳年上で美容師の川野哲(大泉洋)と結婚したばかり。早くに母を亡くし、父・吾郎(大和田伸也)に育てられた田舎育ちのあゆは、都会での哲との生活を心待ちにしていた。
そして、哲が営む美容室も開店を迎え、まさにこれからという折、店に哲宛の手紙を持った男の子がやってくる。手紙は哲の前妻からで、その男の子・佑樹(澁谷武尊)を託すという内容だった。哲から佑樹が息子だと告白されたあゆは、ショックで家を飛び出してしまう。
あゆを探し当てた哲は、佑樹の面倒はすべて自分が見るから自分のそばにいてほしいとあゆに懇願。あゆは、渋々、佑樹との同居を承諾する。ところが、どういうワケか佑樹はあゆを完全無視。あゆも佑樹にぞんざいな態度で接するようになり、ふたりはいきなり冷戦状態に。
困惑した哲は、佑樹を幼稚園に入れようと思い、近所でクリーニング店を経営する金井玉男(日村勇紀)相談する。しかし、途中入園できる幼稚園はないと言われ、唯一の望みだという小学校の同級生で現在は歯科医院院長の北条一(東幹久)に頼む。そして、無事、入園できることに。
登園初日、佑樹を連れ幼稚園にやってきたあゆは、一の妻で保護者会会長でもある北条翠子(ともさかりえ)をはじめとして、ブランド服に身を包み、園児とともに高級車で乗りつけるママたち・花輪倫子(片瀬那奈)、小南八重(山口紗弥加)、植松莉香(中山恵)を目の当たりにする。初めて見る光景にあゆが驚いていると、倫子と八重が半ば強引に翠子の家へと連れて行く。
案内された北条家の広いリビングには、翠子を筆頭に、ママたちが顔を揃えていた。一見、和やかだが実は張りつめた空気のなか、子供のお受験の話に花を咲かせるママたち。店のことが気になるあゆは、あいさつもそこそこに中座する。
店に戻ったあゆが接客をしていると、やがて、佑樹の迎えの時間になる。哲は接客中のため、あゆが迎えに行くことに。佑樹を連れて帰宅しようとすると、教諭・山口洋平(向井理)が来て、園長・高沢理恵子(岡江久美子)が呼んでいると声をかける。園長室に通されたあゆは、幼稚園の前で店のビラを配っていたことを咎められたうえ、園児が持つバッグは手作りが原則だと、既製品を持たせていたことも注意される。
その夜、あゆは哲に相談するが、哲は既製品で構わないと言う。そんな哲に、あゆは明日は佑樹が弁当を持参する日だからと念を押すが、翌朝、あゆが目覚めると哲はベッドのなかにいた。あゆはキッチンに駆け込むと、5分で弁当を作り上げる。哲は佑樹を背負うと幼稚園まで疾走し、佑樹はなんとか遅刻せずにすむ。
しかし、再び園長から呼び出されると、今度は弁当のことで注意を受ける。弁当は子供が食べきれるように嫌いなものは避けて、小さな弁当箱に彩りよく入れるようにと言うのだ。
あゆは再度、哲に相談するが、子供が好きな“キャラクター弁当”や手作りのバッグなど、自分にはできないと哲は言う。佑樹のことは自分がやると約束したはずなのに…。やるせなくなったあゆは、ひとり実家へ帰っていく。
実家で吾郎の手料理に舌鼓を打ったあゆは、自室で幼稚園のころに持っていたバッグを探し出す。バッグには吾郎が縫ってくれた花のアップリケと「あゆ」という名前の刺繍があった。それを見るうち、あゆのなかにある決心が芽生える。
翌早朝、哲がやってきて自分の都合であゆを束縛することはできないから、あゆはあゆの人生を自由に生きてくれと、離婚をほのめかす。あゆはそんな哲を一喝すると、「なんでもかんでもやりゃいいんだろ! うちがママになってやる!」と“ママ宣言”する。
あゆの決意をうけ、その日は哲も一緒に幼稚園へやってくる。初めて会うママたちに、あゆとともに哲もあいさつをして回る。ところが、ママたちは明らかにふたりを避けていて…。
(公式サイトより)

放送日
・ 2007年10月16日

視聴率
・ 15.3%

暴れん坊ママトップへ

ランキング参加中
banner2.gif

ブログランキング



posted by まる at 16:48 | 暴れん坊ママ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。