NEW
■ 2007年10月〜12月テレビドラマ一覧
■ 2007年7〜9月テレビドラマ一覧

■ 2007年4〜6月テレビドラマ一覧
■ 2007年1〜3月テレビドラマ一覧

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 音楽

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 

音楽
主題歌 ハラフウミ「夢を誓った木の下で」


ハラフウミ「夢を誓った木の下で」視聴


「スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~」オリジナル・サウンドトラック
 

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋トップへ

ランキング参加中
banner2.gif

ブログランキング



スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 第3話

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 

第3話
・胸キュンさせる法

あらすじ
・ 絢菜(芦名星)から「時間を作ってほしい」と言われた大輔(上川隆也)。加茂(劇団ひとり)と時田(梶原善)は勝手に盛り上がり、お茶だけでなく高級レストランで食事もごちそうするべきだと勧めるが、大輔はいつも通り、金が無かった。
その夜、帰宅した大輔は、「一緒にお風呂に入ろう」と理英(美山加恋)を誘うが、「ヘンタイ」と断られてしまう。真澄(田中美佐子)によれば理英には片思いの相手がおり、思春期で父親のことが汚らわしく見えているのだという。理英と腕を組んでデートするのが夢だった大輔はひとり傷つく。
その日の夕飯はすき焼き。酒はいつもの発泡酒ではなくなぜかビール、と気前のいい食卓だった。案の定、真澄は定価3万円の美顔器がネットオークションに1万円で出ているので購入したいとおねだり。承諾する代わりに大輔はレストラン代の2万円を借りようとするが、いつものように調子よくかわされてしまう。
なかなかデートの食事代が工面できない大輔に、事情を知らない絢菜は、社用でパロット文具に来た際に「お目にかかるのを楽しみにしています」というメモと連絡先を残していく。
一方、家では大輔は、理英から相談を受ける。運動会で一輪車の出し物があるが、乗れないのは理英ともう一人の女の子・沙織(来代ひより)だけだというのだ。大輔は自分から離れかけた理英が相談してくれたのが嬉しく、自分も乗れないのをよそに、2人で一輪車の練習を始める。
翌日、川瀬(成宮寛貴)がパロット文具にやって来た。買収したコンビニで扱う商品のコンペにパロット文具も参加してほしいと言い、担当者に大輔を指名してくる。なぜ自分を指名したのかと質問する大輔に川瀬は「単なる会社のコマでしかないサラリーマンのどこに魅力があるのか知りたくなったから」と意味深な答えを返す。
そんなとき、忘れていた出張手当の1万8,000円が経理から支払われた。絢菜から翌日の都合を尋ねるメールが届き、大輔は意を決してOKの返事を出す。家では真澄に、明日の晩は時田と加茂と飲み会をすると嘘をつくが、2人のことを詳しく説明しすぎたために、逆に真澄から怪しまれてしまう。大輔のお陰で一輪車に乗れるようになった理英も、大輔を微妙な視線で見つめている。
そしてデート当日。時田にせっつかれてイタリア料理店を予約した大輔。待ち合わせ場所で待っていた絢菜は嬉しそうな笑顔を見せるが、その瞬間、理英から「ごめんね」と書かれたメールが届く。大輔が急いで真澄に電話をかけると、理英は体育の時間に一輪車に乗らず、真澄が理由を問い詰めたところ家を出て行ってしまったという。事情を察した絢菜は大輔がパパモードになっていると指摘し、「行ってあげてください」と言うのだった。
大輔が家の近所を探し回ると、理英は運動場で沙織といっしょに一輪車の練習をしていた。2人ともうまく乗りこなせない様子を不審に思って観察していた大輔は、2人がお互いに気を遣って乗れないふりを続けているのだと察して、うまくアドバイスをする。すると上手に乗りこなしてみせる理英と沙織。実は2人とも体育の先生が好きで、相手が先生と2人きりで練習をするのが嫌だから、乗れないふりを続けていたのだった。
翌日、時田と加茂に「パパモードの僕じゃダメみたいだ」と、昨晩のことを報告する大輔。だがそれは絢菜が男として大輔を求めているのかもしれず、3人は絢菜の真意が読み切れない。
ちょうどその頃、絢菜は川瀬に、一会社員である大輔のどこがいいのかと詰め寄られていた…。
(公式サイトより)

放送日
・ 2007年10月30日

視聴率
・ 10.4%

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋トップへ

ランキング参加中
banner2.gif

ブログランキング



スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 第2話

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 

第2話
・恋バトル3万男VS社長

あらすじ
・大輔(上川隆也)がはずみで川瀬(成宮寛貴)を殴り、絢菜(芦名星)を抱きとめてしまった翌日。大輔は加茂(劇団ひとり)と時田(梶原善)から、「川瀬は金も権力もあるやり手の社長だから、大輔をへし折るくらい簡単なことだ」と脅され青くなる。
その後、高宮課長(矢島健一)と大輔と波戸(林洋平)は絢菜の勤め先であるヒル・マイナ・インベストメントに呼び出される。先方の服部常務(上杉祥三)は、新オフィス用の事務機器をパロット文具に発注したいので明後日の午前10時までに見積もりを出してほしいと無理なことを言うが、調子のいい高宮課長は即答で引き受けてしまう。ところが帰り際になんと川瀬がヒル・マイナ・インベストメントに現れる。覚悟を決めて殴ったお詫びをしようとする大輔だが、川瀬は何事も無かったように「初めまして」と挨拶してくるのだった。
同じ頃、加茂のカフェには、制服姿の女子高生・比奈子(前田敦子)が現れていた。比奈子はプリクラ帳から加茂の名刺を取り出して値踏みをした後、大輔と時田の名刺も取り出して、2人の居場所を知ろうとする。
その夜、家に帰った大輔は、大学時代に水球で得点王を取った記念のトロフィーが折れてしまっているのを発見。気色ばむ大輔だが、真澄(田中美佐子)には「私と出会う前の思い出なんか飾らない方がいい」といなされてしまう。
翌日、絢菜が新オフィスの資料を持参し、大輔たちは見積もりに取りかかる。ところが「徹夜で取り組め」と言った高宮課長は部長と飲みに行ってしまい、女子や若手の部下たちも途中で帰り、最後に残ったのは大輔と波戸の2人だけ。波戸は広さが違う2枚の図面を見つけるが、資料に書かれた「152平米」という数字を信じ、狭い方が新オフィスだと判断。徹夜でようやく見積書を完成させ、絢菜からも「常務が見積額に満足していた」と正式な発注の返事が来る。
その夜、大輔が一夜ぶりに帰宅すると、トロフィーを壊したのは理英(美山加恋)だと判明していた。頭ごなしに叱る大輔に、理英は「パパなんか大嫌い」と言い捨て、自分の部屋に閉じこもってしまう。機嫌を損ねる大輔に真澄は、人を叱ることに比べれば、謝ることのほうが難しいと話す。
そしてヒル・マイナ・インベストメントに納品の日、絢菜から慌てた様子の電話がかかってきて、現場に駆けつけた大輔は唖然とする。オフィスは広々として、大輔たちが納品した備品を置いてもガラガラの状態だった…。
実は2枚あった図面のうち、狭い方は予備の倉庫で、広い方が本物のオフィスだったのだ。間違いの原因は絢菜が152坪のところを152平米と書き間違えたことにあった。服部常務にミスの原因を聞かれた大輔は、絢菜をかばい自分たちに責任があったと頭を下げる。幸い、服部常務は金額を勉強することを条件に、引き続きパロット文具に発注をすると言ってくれる。
別れ際、なぜ本当のことを言わないのか問い詰める絢菜に「ミスをしたくてする人間はいない」と言う大輔は、トロフィーを壊してしまった理英の心境に思い至る。急いで家に帰った大輔は頭ごなしに叱ったことを理英に謝り、理英は埃を被っていたトロフィーをきれいにしようとして壊してしまったことを打ち明ける。
服部常務は、納品ミスの原因が絢菜にあることに気づいており、それをかばった大輔のことを見どころがあると川瀬に話していた。川瀬は大輔に殴られたこともしっかり覚えていた。
一件落着し、いつものフードコートで弁当を食べていた大輔のところに、絢菜が「今度時間を作ってほしい」とやって来る。その様子を、川瀬が遠くから見つめていた…。
(公式サイトより)

放送日
・ 2007年10月23日

視聴率
・ 9.0%

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋トップへ

ランキング参加中
banner2.gif

ブログランキング



スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 第1話

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 

第1話
・こづかい3万の恋

あらすじ
・川瀬光充(成宮寛貴)は若くして成功したIT関連会社の社長。昼間から超高級ホテルの会員制プールで華麗に泳ぎ、ヒルズ族の仲間たちと株の話をするセレブな生活をしている。
が、そのホテルのラウンジに、セレブとはまるで縁の無い男がいた。諏訪野大輔(上川隆也)、40歳。パロット文具の営業2課・課長代理で850円のブレンドをおかわりするのにも躊躇する生活。この日も商談相手にすっぽかされ、すごすごと帰る羽目になってしまう。会社で大輔を待っていたのは、社内投票で「ベスト・ダディ&ベスト・ハズバンド」に5年連続で選ばれたという報告。部下たちは記念の飲み会を開こうと大張り切りだが、大輔は給料日まであと11日間を5,385円で過ごさねばならず、頭を悩ませる。まさに水上は優雅に見えても、水面下では必死に水かきをしている白鳥=スワンのような状態だ。
そんな大輔がフードコートで一番安いランチを食べていると、加茂健司(劇団ひとり)と時田秀喜(梶原善)という2人組が近づいてくる。時田はパロット文具と同じ階にある食品会社の係長代理で、加茂はビル内にあるカフェの店長代理をしている。大輔の窮状を調査済みの2人は、バイト代3万円のお見合いパーティーのサクラに一緒に参加しないかと誘ってくるが、真面目な大輔は「妻子がいる」とムキになって断る。
そこへ同じビルの最上階にオフィスを持つ川瀬がやって来る。川瀬は筆頭株主役員とそのアシスタント・香月絢菜(芦名星)を同伴しており、絢菜のあまりの美しさに大輔は目を奪われる。だが絢菜はどこかワケありの様子だ。
家に帰ると、妻の真澄(田中美佐子)が小学4年生の娘・理英(美山加恋)を塾に入れたいので、大輔の小遣いを月5万円から3万円に減らすと宣言。抵抗する大輔だが、元先輩社員で姉さん女房の真澄にはサラリと交わされ、さらに理英本人の口から名門中学・清連学園に行きたいと聞かされた大輔は、嫌とは言えなくなってしまう。
バイトに心が傾いていた大輔は、加茂と時田に強引に誘われて、とうとうお見合いパーティーに参加。それは40代の女性が数少ない男性を奪い合うパーティーで、新婚の加茂は大輔と同様に腰が引け気味だが、バツイチの時田は乗り気で、ある美女に目を留める。それはなんと大輔の大学時代の恋人・黒田志摩子(森口瑤子)で、大輔に気づくと昔と変わらず親しげに「スワニー」と声をかけてくる。志摩子は未だ独身で女性向けの通販会社の社長をしているという。そして明後日が大輔夫婦の結婚10周年記念日だと知ると、志摩子は記念の指輪を買うように、お勧めのジュエリーショップを紹介する。
翌日、その店で大輔と志摩子が指輪を見ていると、偶然絢菜がやって来て、志摩子がふざけて腕を絡めてきたところを見られてしまう。その後、絢菜が大輔の会社に事務機器の発注にやって来るが、デスクに真澄の写真が飾られていたことから、志摩子と不倫をしていると誤解されてしまう。大輔は誤解を解くために、新商品で破らないと中身が読めないメモ用紙を使い、志摩子とはやましい仲でないことを絢菜に伝えようとする。
ショップで見たスイートテンリングは安いものでも価格が5万円だった。バイト代の3万円をもらってもまだ足りないと嘆く大輔に、時田と加茂は1万円ずつ貸してくれ、指輪で真澄を喜ばせて小遣いを5万円に戻してもらえばいいとけしかける。大輔は、ダイヤモンドリングを購入すると特典で付属のコンパクトミラーにオリジナルメッセージを彫り込んでもらえると知り、メッセージを考えて例のメモ用紙に書き込む。そしてメモの1枚をジュエリーショップに、別の1枚を絢菜に渡す。
結婚記念日の晩、大輔が帰宅すると、真澄と理英はごちそうを用意して待っていた。大輔がプレゼントした指輪を見て歓声を上げる真澄たち。だがそのとき、大輔は1枚のファックスを見つける。それはジュエリーショップから届いたメッセージの文面を確認するファックスで、大輔は「志摩子とはやましい関係ではない」と書いた方のメモがショップに渡ったことに気づく。まさにそのとき、バイク便の配達人が、メッセージを彫り込んだミラーを届けにやって来た…!
だが真澄が箱からミラーを取り出すと、そこにはちゃんと大輔が真澄のために考えたメッセージが彫られていた。素直に喜ぶ真澄だったが、いざ指輪をはめてみるとサイズが合わず機嫌を損ねてしまう。そのせいで小遣いを5万円に戻してもらおうという大輔の目論見も外れてしまう。翌日、志摩子に会った大輔は、絢菜が機転をきかせてミラーのメッセージを彫り直す手配までしてくれたことを知る。
志摩子は大学時代に大輔が水球をしていた頃の思い出話をし、大輔も、白鳥のように水面下で努力する水球が好きだったことを思い出す。そしてその頃と違って輝いていない今の自分を思い知らされた大輔はその夜、加茂と時田に「もう白鳥でいるのはやめにして、良き父、良き夫、理想の上司の全てを辞める」と宣言する。その帰り道、3人は川瀬と絢菜が揉めているところに遭遇する。絢菜を助けようとした大輔は、はずみで川瀬を殴り、よろけた絢菜を抱き留めてしまう…。
(公式サイトより)

放送日
・ 2007年10月16日

視聴率
・ 10.5%

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋トップへ

ランキング参加中
banner2.gif

ブログランキング



スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 概要

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 

概要
・「白鳥の湖」の旋律のように、なんとも美しい動きである。
しかし、その白鳥、目に見えない水面下では水カキつきの足をバタつかせ、
みっともないほど必死にもがいているのだ。
さて、人間様の社会。
惑うことがなくなるといわれる40歳を迎えた男。それなりの地位も与えられ、
それなりの稼ぎもあり、それなりに大人になった男。
子供や学生からはもちろん、20代や30代のヒヨッコどもから見たら、
ちょっと格好いい。
家族を養い、部下たちの面倒を見、人生に余裕すら感じられる。
しかし、そんなおじさん、目に見えない水面下ではみっともないほどもがいている。
給料は妻に持っていかれ、人には言えないくらいの少ない小遣いで生きている。
下手したら、部下どころか、バイトしている学生たちよりもお金がないかもしれないのに
部下たちからは、ご馳走してもらえるもんだと思われている。
だけど、そんな不条理な格差への不満は微塵も見せない。
大人として、男としてのプライドで、格好良く見せなくてはいけないのだ。
だから人は陰でささやく。
「スワンの馬鹿」…と。
(公式サイトより)


スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋トップへ

ランキング参加中
banner2.gif

ブログランキング



スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 キャスト

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋 

キャスト
・諏訪野大輔(すわの だいすけ):上川隆也
・川瀬光充(かわせ みつる):成宮寛貴
・加茂健司(かも けんじ):劇団ひとり
・時田秀喜(ときた ひでき):梶原善
・香月絢奈(かづき あやな):芦名星
・高宮課長(たかみや):矢島健一
・波戸隆(はと たかし):林洋平
・黒田比奈子(くろた ひなこ):前田敦子(AKB48)
・諏訪野理英(すわの りえ):美山加恋
・黒田志摩子(くろだ しまこ):森口瑤子
・諏訪野真澄(すわの ますみ):田中美佐子

スタッフ
脚本:山田俊昌、旺季志ずか
音楽:佐橋俊彦
「オリジナルサウンドトラック」11月7日発売予定 - ビクターエンタテインメント - VICL62676
協力:バスク、フジアール、ベイシス、レモンスタジオ
プロデューサー:吉條英希・高橋萬彦・中岡多津子
演出:河野圭太・小林義則
制作:関西テレビ、共同テレビ

スワンの馬鹿!こづかい3万円の恋トップへ

ランキング参加中
banner2.gif

ブログランキング



スワンの馬鹿! こづかい3万円の恋

スワンの馬鹿! こづかい3万円の恋

■ 概要

■ キャスト(出演者)

■ 音楽

■ あらすじ
  ・第1話
  ・第2話
  ・第3話
  ・第4話
  ・第5話
  ・第6話
  ・第7話
  ・第8話
  ・第9話
  ・第10話
  ・第11話

■ 関連リンク
  ・スワンの馬鹿! 公式ページ

■ 関連グッズ

テレビドラマ情報2007トップへ

ランキング参加中
banner2.gif

ブログランキング



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。